Posted on Nov.11, 2016・17:35

茶器

TOKONAMEさんのポット

少し前に愛知県の常滑市に行ってきました。

その時に寄らせていただいたのが、TOKONAMEブランドを展開されている山源陶苑さんです。

tokoname1

tokoname2

tokoname3

陶器は、昔から常滑で急須や湯のみに使われている様々な土の中から、白泥と呼ばれる白い土を選び、基となる白泥を新しく調合し、顔料を入れて6つのカラーの土で陶器を作っているそうです。いわゆる「焼き締め」といわれるもので、釉薬をかけずに、高温で焼いているため、きめの細かな土肌そのままを感じることができます。

手で触った時のぬくもりというか温かさの感触が伝わってきます。素晴らしいですね。

このプロダクトに関しては裏側にストーリーがあって仔細にご紹介したいところなのですが、端的に言うならば、陶器におけるイノベーションです。

陶器という伝統産業にありながら、常滑焼に代表される朱泥の伝統的な急須とは一線を画し、多彩で美しい色を「土」という素材そのもので表現していることは素晴らしいと思います。

それから、何といってもこのデザインですね。従来の急須の概念をいい意味で破壊する新しさ、新鮮さがあります。

このポット、急須と言わないのは、実際、煎茶以外にも紅茶、その他のお茶でも使用することを想定されているようです。

いろんなお茶を楽しみたいという方には向いているかもしれません。

実際、当社のお茶を淹れてみました。

「でべそ」と呼ばれるポットの中に付いている漉すための多数の穴もハンドメイドで作られているのですが、お茶とともに小さな茶葉も出てきて、カップの底に少しだけ沈殿するため、お茶を飲んでるなぁという雰囲気を感じることができます。(最近、きめの細かすぎるかご網タイプが増えてますが、茶葉が全くでないのも面白みに欠けるなと思っていたのです)

最近は、機能的な視点でお茶を飲むことが強調されがちですが、お茶って本来、そのプロセスを楽しむものでもあります。どんな陶器で淹れるかというのも楽しみの一つですよね。

今回はブルーのポットを購入いたしました。

tokoname5

今回、代表の鯉江さんにいろいろと興味深いお話を伺うことができました。感謝!
  • facebook
サウダージティーの商品ラインアップ

お買い求めについて

商品のご注文は、当ホームページのオンラインショップで承っております。
▸オンラインショップはこちら


また、百貨店やセレクトショップでもお取り扱い頂いております。お近くにショップがございましたら、お立ち寄りください。
▸取扱店舗一覧はこちら

送料・配送

ご購入金額(税別) 送料(税別)
6000円以上 無料
6000円未満 350円

上記は国内の配送料です。海外配送もEMS(国際スピード郵便)にて対応しています。
▸詳しくはこちら

お支払い

❶クレジットカード支払い

❷コンビニ支払い

❸銀行振込み「ゆうちょ銀行」「ジャパンネット銀行」

▸詳しくはこちら

ギフトラッピング

サウダージティーでは、包装紙、熨斗(のし)紙、リボンシールをご用意しております。ご用途に応じて、お選び頂けます。▸詳しくはこちら

お問い合わせ

よくいただく質問

オンラインショップをご利用頂くにあたってよくいただく質問は、こちらをご覧ください。
▸詳しくはこちら